秋田県出身。東京大学医学部医学科卒。肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)、胆道癌(胆嚢癌、胆管癌)、膵癌の外科治療を専門とし、特に脈管侵襲を伴う進行癌、多発肝転移に対する肝臓の高難度手術を得意としています。現在、本邦のhigh volume centerの1つに数えられる所属施設の肝切除術の約7割を手掛けており、個人の肝切除執刀件数は他院での手術を合わせて年間150-170例。その他良性疾患を含む他の肝胆膵外科手術を合わせると年間250例前後を責任術者として執刀しています。

2024年7月現在の肝切除執刀総数はのべ1,700件(同一症例の複数術式を含む)。うち35.6% (606例)が「肝胆膵外科高難度手術」に分類される術式です。執刀症例の40.4%が腹腔鏡を使用した手術であり、近年は腹腔鏡を併用した独自のハイブリッド手術や腹腔鏡補助下手術、ロボット支援下手術の積極導入により、従来開腹でなければ手術が困難であったケースに対してできるだけ低侵襲で根治性の高い外科治療を実現しています。患者層は70歳以上の高齢者が44.4%、80歳以上が9.8%を占めており、特に他院で切除困難とされた高度進行癌、再発がん症例、心臓・呼吸器などの重篤な合併症や高度肝障害をもった高リスク症例が全体の約3割を占めている点で、他の施設とは少し異なる難しいケースを主に治療しています。セカンドオピニオンは国内外問わず広く受け入れており、国内では北海道、九州、沖縄から、海外では中国、台湾、米国から治療に通われている方がいらっしゃいます。

肝切除執刀症例の手術関連死亡率 0.23%(特殊病態による動門脈血栓閉塞 1、術後肝不全 1、急性心筋梗塞 1、消化管出血1)、術後90日死亡率 0.35%(原病死・他病死を含む)。本邦における肝切除術全体の死亡率 2.4%と比較して一桁低い成績を維持しています。肝移植は所属施設の体制が整っていないため現在行っておりませんが、移植以外のあらゆる肝臓外科手術に対応しています。

履歴
2004年3月 東京大学医学部医学科卒
2004年4月 東京大学医学部附属病院 臨床研修医
2005年4月 焼津市立総合病院 臨床研修医
2006年4月 焼津市立総合病院外科 医員
2008年4月 東京大学医学部肝胆膵外科 大学院生
2011年4月 都立墨東病院外科 医員
2011年11月 米国MD Anderson Cancer Center, Department of Surgical Oncology, Postdoctoral Fellow
2013年1月 東京大学医学部肝胆膵外科 助教
2014年4月 虎の門病院消化器外科 医員
2020年10月 虎の門病院消化器外科 医長
2023年4月 虎の門病院消化器外科 部長
      虎の門病院 転移性肝腫瘍高度集学的治療センター長


資格
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医・評議員
消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能専門医
日本臨床外科学会評議員
日本消化器病学会専門医・指導医・関東支部評議員
日本肝臓学会専門医・指導医・評議員
麻酔標榜医
da Vinci Xi console surgeon
日本肝胆膵外科学会/内視鏡外科学会認定 ロボット支援肝切除術プロクター
医学博士

所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本臨床外科学会、日本肝臓学会、日本消化器病学会、日本内視鏡外科学会、肝癌研究会、肝癌治療ナビゲーション研究会
Society for Surgery of the Alimentary Tract (SSAT)
Asian-Pacific Hepato-pancreato-biliary Association (A-PHPBA)
International Hepato-pancreato-biliary Association (IHPBA)

各種委員会等
American Joint Committee on Cancer (AJCC) Hepatobiliary Section Expert Panel Member
Society for Surgery of the Alimentary Tract, International Relations Committee Member
Society for Surgery of the Alimentary Tract, Global Outreach Working Group Member
Society for Surgery of the Alimentary Tract, Japan Chapter, Councilor
肝癌取扱い規約委員会委員
国際胆道炎特別研究プロジェクト委員
日本肝胆膵外科学会学会幹事
日本肝胆膵外科学会転移性肝がん国際診療ガイドライン委員会副委員長
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医書類審査委員会委員
日本肝胆膵外科学会編集委員
肝癌治療ナビゲーション研究会世話人
東京大学医学部肝胆膵外科非常勤講師
Current Problems in Surgery, Chief Editor
Journal of Hepatobiliary Pancreatic Sciences, Editorial board
Japanese Journal of Clinical Oncology, Editorial board
KKR治験ネットワーク中央治験審査委員会委員

虎の門病院 肝胆膵外科 公式サイトはこちら